Teraoka Laboratory

  • Internet
  • Distributed systems

This laboratory focuses on Internet architecture/protocols and distributed systems which lead to coming mobile and ubiquitous era. The current Internet cannot support various demands. This laboratory aims at redesign of Internet architecture in terms of mobility, ubiquity, fault tolerance, security, and privacy. In addition, this laboratory aims at building distributed systems as applications running on the Internet.

Kaneko Laboratory

  • Application oriented networking
  • Distributed systems

If we lose application viewpoints, even the latest technologies cannot work for a promising application. Aiming at highly information-oriented society, our laboratory investigates the technical requirements from application perspective, develops new applications and systems using cutting-edge networking and distributed computing technologies, and evaluates them with global application communities for the further improvements. We are focusing on high quality media applications with the large number of large files over the world.


News

CSC 2022

Kohei Tsuchida gave a presentation at the The 20th International Conference on Scientific Computing (CSC 2022) at Las Vegas, USA.

  • Kohei Tsuchida, Kunitake Kaneko, “WalkOrder: Combining Graph Sampling and Reordering for Fast Computation”, The 20th International Conference on Scientific Computing (CSC'22), July. 2022.

IEICE IN 2022-05

Kaito Miyakoshi gave a presentation at IEICE IN 2022-05.

  • 宮越 桂仁, and 金子 晋丈, “グラフ接続によって変化する経路に注目した媒介中心性の推測”, 信学技報, vol.122, no. 48, IN2022-11, pp. 50-55, 2022年5月.

IEICE GENERAL CONFERENCE 2022

Takao Kondo gave a invited presentation at IEICE GENERAL CONFERENCE 2022.
Shun Takizawa gave presentations at IEICE GENERAL CONFERENCE 2022.
Kotaro Fujii gave presentations at IEICE GENERAL CONFERENCE 2022.

  • 近藤 賢郎 “ネットワークオントロジ Bonsai と ネットワーク情報共有基盤 KANVAS に基づいたネットワーク障害推論”, 2022 年 3 月.

  • 滝沢 駿, 金子 晋丈 “Random Walk の非同期処理における Random Early Detection を用いた自律的輻輳制御機構”, 2022 年 電子情報通信学会 総合大会, D-4-10, 2022 年 3 月.

  • 藤井 洸太朗, 金子 晋丈 “ハイパーグラフにおける追加エッジがグラフの調和中心性に与える影響の評価”, 2022 年 電子情報通信学会 総合大会, D-4-11, 2022 年 3 月.

IEICE IN 2022-03

Tsuyoshi Yamashita gave a presentation at IEICE IN 2022-03.

  • 山下 剛志, and 金子 晋丈, “動的分散グラフにおける起点近傍の更新のみに注目したランダムウォーク経路合成手法”, 信学技報, vol.121, no. 434, IN2021-48, pp. 103-108, 2022年3月.

IPSJ DPS 2022-03

Shuntaro Yanagisawa and Kohki Yamada gave presentations at IPSJ DPS 2022-03.

  • 柳澤 舜太郎, 渡邊 大記, 安森 涼, 近藤 賢郎, 熊倉 顕, 前迫 敬介, 張 亮, 寺岡 文男 ”分散 MEC 環境におけるコンテナを利用したクラウド基盤からのオフロード機構”, 研究報告マルチメディア通信と分散処理 (DPS), vol. 2022-DPS-190, No. 18, pp. 1-8,2022年3月.

  • 山田 光樹, 渡邊 大記, 安森 涼, 近藤 賢郎, 熊倉 顕, 前迫 敬介, 張 亮, 寺岡 文男 ”分散 MEC 環境におけるコンテナオーケストレーションシステム用のネットワークプラグイン”, 研究報告マルチメディア通信と分散処理 (DPS), vol. 2022-DPS-190, No. 19, pp. 1-8, 2022年3月.

IPSJ ICS 2022-03

Kohei Tsuchida gave presentations at IPSJ ICS 2022-03.

  • 土田 康平, 金子 晋丈 ”大規模グラフサンプリングと並行したノード ID 再配置の分割実行によるグラフ演算の高速化”, 研究報告知能システム(ICS), vol. 2022-ICS-206, No. 13, pp. 1-8, 2022年3月.

IEICE IA 2022-03

  • 口井 敢太, 正面 佑真, 近藤賢郎, 寺岡 文男 “ネットワーク情報共有基盤 KANVAS とネットワークオントロジ Bonsai を用いた障害原因特定手法”, 信学技報, vol. 121, no. 409, IA2021-65, pp. 37-44, 2022年3月.

  • 田村 優樹, 近藤賢郎, 安森涼, 寺岡 文男 “ISP 視点でのトラフィック情報と公開情報を用いたコンテンツ配信サービスの同定手法”, 信学技報, vol. 121, no. 409, IA2021-60, pp. 7-14, 2022年3月.

IEICE IA 2022-01

Yuki Nagai and Fumio Teraoka gave presentations at IEICE IA 2022-01 at Tokyo, Japan.

  • 長井 悠毅, 渡邊 大記, 近藤 賢郎, 寺岡 文男 “LiON: ネットワーク設定とデバイス設定の分離を考慮した L3 プロトコル非依存な実験用仮想ネットワーク自動構築ツール”, 信学技報, vol. 121, no. 364, IA2021-54, pp. 5-12, 2022年1月.

  • 寺岡 文男, 近藤 賢郎, 口井 敢太 “ネットワークオントロジ Bonsai とその活用法に関する一考察”, 信学技報, vol. 121, no. 364, IA2021-55, pp. 13-20, 2022年1月.